スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空沼岳・湯の沢

  • 2016/09/11(日)

メンバー・・・ L:toshi会長 SL:私 M:M子さま

先週の幌内府川ですっかり自信を無くした沢歩き
東北遠征は前半は尾根歩きで後半の一日だけ沢歩きにしました
そんな訳でせめて日帰りの沢歩きだけでも楽しめるように 又またtoshi会長にお願いして湯の沢へ
同じく東北遠征組のM子さまもご一緒 湯の沢って一度行ってみたかったんだ~

今日は滑りません
湯の沢① 

滑もあります
湯の沢② 

ゴルジュの奥に滝
湯の沢③ 
ゴルジュはお助けスリングを出してもらってクリア
奥の滝はtoshi会長に頑張ってもらいました
湯の沢④ 
なんとも20年前と変わらぬナイスなリードでございます
この後は倒木や土砂崩れで難儀な場所もありましたが
林道到着
湯の沢⑤ 
M子さまは(写真右)は私よりずーっとお姉さんなのに余裕の沢歩き
私ももっと鍛えなくっちゃ まだまだ楽しみたいのだ
今日は万計山荘にaiちゃんが来ているので空沼岳には登らず山荘へ
お料理上手なaiちゃんの特製ラーメンをいただきました
野菜たっぷり煮卵入りで美味しかった~
今度はaiちゃんも一緒に沢に行こうね

スポンサーサイト

幌内府川

  • 2016/09/04(日)

メンバー・・・ L:TOSHI会長 SL:キョンキョン M:私

沢に行きたくて会員復帰したのにまさかの負傷で

残念無念

な7・8月でしたが今月の東北遠征は

行きたい!!

でもでも山中泊大丈夫かな~ 毎週のように沢に行っているTOSHI会長に相談してみたところ「釣りと焚き火が出来る沢がいいよね」って事で札内岳・ピリカペタヌ沢川に決めたものの 台風被害で林道どころか国道までも通行止めの大惨事
しばらく日高の山には行けませんね
被害地の皆様が一日も早く元の生活に戻れますように
そんな訳で代替の沢は余別岳の幌内府川

すんごく長いんですけど

車で林道走行を期待したけれど裏口が判らず表口から藪漕ぎ開始
背丈以上の藪を20分ほど進むとゲート発見 ゲートを過ぎると

立派な林道

林道 

この林道どこから続いているのか気になる~
1時間ほどの林道歩きで橋の脇から入渓

幌内府川橋

橋 

入渓
幌内府川

わーいわーい やっと沢だよ~と喜んだのも束の間で

滑ります

まだ完治していない左膝をかばいつつ歩いていると

左脹脛攣りました

68番のお世話になり先を急ぎます いや急ぎたいけどヌルヌル攻撃で1時間もしないうちに

右脹脛攣りました

む~やっぱり山中泊の荷物で歩くのは無理なんだ 急遽今回は山頂を諦めてテン場探し

会長&キョンキョンごめんなさい

なんとか1張分のスペースを見つけて イタドリ刈り&石運搬の工事をしてテン場完成 時間がたっぷりあるので釣りを始めたけれど

餌はこれ
いくら・ソーセージ

チャレンジする会長
toshi会長①

なんとか小さいのが3匹 私が足を攣って悪戦苦闘している間にキョンキョンが収穫したきのこと一緒に唐揚げでいただきました

きのこ
きのこ①

今日は帰るだけなので

朝から釣りを始めるキョンキョン

きょんきょん①
二人とも「この山域の沢は滑りやすい」「ここは特にね」と慰めてくれましたが 東北の山中泊は諦めます
こんなに弱よわになっちゃって情けないなぁ

雨飾山(1963m)

  • 2016/08/14(日)

登り 3時間25分   下り 2時間50分

本日も晴天 暑くなる前にサクッと登りましょう
素敵な名前のこのお山 サクッと登るつもりが

登りごたえがありました

登山口から木道の湿地帯をハイキング気分で歩き出し

山葡萄発見
山葡萄

我が家の葡萄も大豊作なので収穫が楽しみ
木道が終わりベンチのある所が尾根取り付き 急登が続いて登りきった~と思ったら50m以上も下って荒菅沢へ

登りきった尾根から布団菱

布団菱①

荒菅沢から布団菱
布団菱②

荒菅沢を渡って樹林帯に入るともっと急登になって

子が見えます
雨飾山①

登りきった場所は笹平
雨飾山②

まだまだ遠いわ~ そしてガスも出てきちゃった

やっと頂上
雨飾山③

ガスで展望が無いのが残念 白馬連峰眺めたかったなぁ
下りの為にしっかりエネルギーチャージをして お花見しながら下山開始

ミヤマコゴメグサ
ミヤマコゴメグサ 

タテヤマウツボグサ
タテヤマウツボグサ 

サラシナショウマ
サラシナショウマ 

タムラソウ
タムラソウ 

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ 

ジャコウソウ
ジャコウソウ 

ツルニンジン
ツルニンジン 

オヤマボクチ
オヤマボクチ
 

笹平から急下降する前に振り返ってみると

晴れてました
雨飾山④

今日は早朝登山じゃなくても良かったかなぁ まだ9時40分だし・・・
下山後は宿泊した山田温泉で汗を流し 昨日の通り道で気になったお蕎麦屋さんへ

看板
蛍① 

雰囲気抜群
蛍② 

お味も抜群
蛍③

お蕎麦は殻を取り除いて挽いた蕎麦(蛍の緑)と殻を一緒に挽いた蕎麦(深里)の2種類
どちらも頼んでみんなで食べ比べ 季節の天ぷらも素揚げで美味しかった~
予定通りに信濃大町で車を返却し松本へ移動
3年連続で松本の夜を楽しみました

打ち上げ① 打ち上げ② 打ち上げ③ 打ち上げ④ 打ち上げ⑤




大汝山(3015m)

  • 2016/08/13(土)

内蔵助小屋 5 真砂岳 1h 富士ノ折立 30 大汝山 20 雄山 1h30 一の越山荘 55 浄土山 35 浄土山登山口 40 室堂 1h30 黒部ダム 1h20 信濃大町

本日の予定は立山(富士ノ折立 2999m 大汝山 3015m 雄山 3003m 浄土山 2831m)をぐるりっぷして室堂下山後 黒部ダムを観光して信濃大町まで行き レンタカーで明日登る雨飾山の麓まで移動するロングコース
そんな訳で今日も夜明け前の出発となりました

内蔵助小屋からすぐの真砂岳
真砂岳 

ご来光は5時5分(GO!GO!)
ご来光

富士ノ折立を過ぎると今回の旅の最高峰大汝山はもうすぐ

菫小屋(大汝休憩所)
すみれ小屋

「春を背負って」の舞台になった小屋ですね

日本百名山29座目GET
大汝山

はい! 本日も晴天 大パノラマです

岩峰の雄山神社を目指します
雄山神社

社務所には神主さんがいらしたので 峰本社でお祓いをして頂けました(登拝料¥500)

峰本社の横でパチリ
雄山山頂

峰本社から見た社務所
社務所

なんと社務所のベンチに座ると雷鳥さんがこんにちわ

雷鳥

親子でかくれんぼしてました~
雄山から一の越まではガレ場の急斜面

渋滞中
一の越

一の越から浄土山方面へはめっきり人が少なくなりのんびりゆっくりお花見歩き

タテヤマリンドウか
タテヤマリンドウ

順調に歩けてお昼前には室堂到着

2日ぶりの室堂はガスッてました
室堂

山に居る間晴れていてくれてありがとうございます
室堂いいなぁ~ 又来たいなぁ~ 山に登らなくてもお散歩だけでもだわ~
さてさて午後からは乗り物の旅
トロリーバス大観峰へ 想定どおりの混雑でロープウェイ待ちの間は

駅舎屋上の展望デッキへ
大観峰

ロープウェイ
ロープウェイ

ロープウェイからケーブルカーへはスムーズに乗車

黒部湖
黒部湖

黒部ダム
黒部ダム

次のトロリーバス乗り場はダムえん堤を10分程歩きます
黒部ダムを眺めながらお食事希望でしたが あまりの混雑振りに断念
室堂も黒部湖も毎日sundayになったら平日に再訪しようと決心して無事に小谷村に着きました

剱岳(2999m)

  • 2016/08/12(金)

剱① 


日本百名山28座目GET
<11日>富山 1h10 立山 2h 室堂 3h 剱御前小屋 1h 剱澤小屋
<12日>剱澤小屋 25 剣山荘 3h30 剱岳頂上 3h 剣山荘 20 剱澤小屋 1h45 別山 1h 内蔵助小屋

富山から立山へ
富山

立山から美女平へ
立山

今日は山の日 ケーブルカーの券売所は長蛇の列 WEB予約でキップを購入していたので予定の便に乗る事が出来ました
トンネルを抜けると
トンネル 
カ・モ・シ・カ!?
カモシカ

美女平から室堂までは高原バス 車窓から見えた剱岳に大興奮
剱②

乗り物3つ乗り継いで到着した室堂は人がいっぱい
室堂 

これから登る登山道をズーム 稜線に見える建物は剱御前小屋(別山乗越)です
剱③

雷鳥平のキャンプ場もテントいっぱい
雷鳥平

チングルマはもう綿毛(奥の稜線は明日登る真砂岳~雄山)
チングルマ

別山乗越から剱岳ズーム もうドキドキ
剱④

剱澤キャンプ場も賑やかです
剱沢①

剱澤小屋到着
剱沢②

沢を挟んでお向かいは剣山荘 mika隊長の美人トリオはもう着いているかな
剱沢③

夕食まで時間がたっぷりあるので早速シャワー
そして途中の雪渓で仕入れた雪で 膝靭帯をアイシング
アイシング①

さっぱり&すっきりしたので 明日のルートを眺めながら安着ビール
剱⑤

「○○さーん、オーナーからルートの説明がありま~す」とスタッフの声が聞こえ バリエーションルートを登る人達なのだなぁと思っていたら
呼ばれました
私達一般ルートなんですけど と思っていたら手書きのとっても判りやすい地図を頂き 危険箇所や持ち物等のレクチャーがありました
地図

なんだかとっても大事にしていただいてる気持ちになり 剱沢小屋にして良かった
お待ちかねの夕食
剱沢④

好き嫌いも無く体調バッチリな私達・・・完食しました
翌朝は夜明け前に出発 剣山荘裏の尾根にはヘッドランプの列が見え キャンプ場からも続々とヘッドランプの明かりが近づいて来ます
剣山荘ではmika隊長が出発準備をしているのを発見 「頂上で逢いましょう」と先に出発したけれど
追い付いて来た
mikaちゃん 
カニのタテバイは渋滞中
剱⑥ 
後ろも繋がってきた
剱⑦ 
もう混みこみ
剱⑧ 
頂上到着
剱⑨ 
明日登る立山(奥に去年登った槍さまが見えます)
剱⑩ 
八ケ岳と富士山
剱⑪

最高のお天気で大パノラマを堪能していると美人トリオも到着
下山も気が抜けません
剱⑫

無事に降りたら剣山荘でトイレタイム&カルピスぐびぐび
剱沢⑤

剱澤小屋で荷物回収してから別山に登ります
剱沢⑥

別山到着
別山①

雪渓発見
別山②

今夜もアイシング出来るわ
剱岳が雲に包まれそう
別山③ 
内蔵助小屋を目指します
別山④  
内蔵助小屋到着
内蔵助小屋① 
早速アイシング
アイシング② 
そして今夜も完食です
内蔵助小屋②


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。