スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日高幌尻岳(2052.8m)

  • 2014/09/23(火)

メンバー・・・部長&A子さん
コース・・・千露呂川林道ピストン

<1日目>
二岐沢登山口(50)取水ダム(30)二ノ沢出合い(1h40)尾根取付き(1h5)トッタの泉(1h55)C1

日本百名山にチャレンジ中ですが北海道で登っていなかった山が1つありました
日高山脈最高峰の

幌尻岳

部長が9月に幌尻岳を狙っているという情報を聞いたのでご一緒させていただきました
1967峰に登っていないA子さんも参加になり 2泊3日で北戸蔦岳をベースに2つの山を登る予定でしたが 初日の天気予報が「日高地方ところによって激しい雨」でしたので1泊2日に変更し A子さんは1967峰へ部長と私は幌尻岳を目指しました

「今日は北戸蔦別岳まで」とのほほんと出発
取水ダムまではチャリに乗ったり押したり・・・(押し歩きの方が多かったかも
ニノ沢出会いを過ぎてからペースが落ちてきて 尾根に取り付いてからは益々ペースダウン
「トッタの泉はまだか?」「あと10分の看板があるはずだ」と部長が呟きますが トッタの泉で4Lの水を背負うかと思うと

通り過ぎてしまいたい

やっとたどり着いたトッタの泉はとても冷たくて美味しかった~

トッタの泉↓
トッタの泉

ここで部長がカメラを忘れた事に気付きました

「他に忘れ物は無いでしょうね」と 問いたかったけれどガックリしている姿が可哀想だったのでやめました
4kも増えたザックを背負っての急登は

拷問

なのに部長は私とA子さんに撮影指示

指示1 かんらん岩↓
ヌカビラかんらん岩

指示2 アルミ梯子↓
アルミ梯子

ヌカビラ岳に着いて稜線を眺めると幌尻岳は雲の中 戸蔦別岳にも雲が掛かってきてますけど

戸蔦別~幌尻岳↓
戸蔦別幌尻

そんな訳で予定よりもかなり手前でC1にさせていただきました
だんだんガスってゆく稜線を眺めながら「ここで良かったね」と

慰めあって乾杯

その後A子さんのザックからはワインが 部長のザックからはウィスキーが
明日の作戦会議は全て飲み干すまで続いたのでした

<2日目>
C1(35)北戸蔦別岳(1h15)戸蔦別岳(2h30)幌尻岳(2h45)戸蔦別岳(1h10)北戸蔦別岳(30)テン場(50)トッタの泉(35)尾根取付き(1h)二ノ沢出合い(25)取水ダム(20)二岐沢登山口

1967峰に向かうA子さんをテントに残し夜明け前に部長と出発

北戸蔦別岳↓
北戸蔦別看板

前回(1994年7月)こんな可愛い看板あったかな? 戸蔦別岳に向かう途中で

ご来光
ご来光① ご来光②

素敵 感動 山登りしていて良かった 昨日の拷問が報われます 山の神様ありがとう

戸蔦別岳まで一汗かいて大休止

山頂看板↓
戸蔦別看板

影戸蔦↓
影戸蔦

幌尻岳をズーム↓
幌尻①

遠いね 眼下には懐かしの

七つ沼カール↓
七つ沼①

戸蔦別川本流を遡行してこの頂きに立ち七つ沼カールに泊まったのは1993年8月
「又きっと来る日があるよ」って幌尻岳には登らずに下山したのがずっと心残りだったけれど あの時登っていたら今日の感動は無かったよね~

幌尻の肩から七つ沼カール↓
七つ沼②

幌尻岳には昨日の作戦会議より早めに到着

山頂↓
幌尻②

百名山23座目GET

最高のお天気で大展望
やっぱり日高はいいなぁ 今回の山行で伏美岳~幌尻岳の稜線が繋がりました

稜線↓
稜線

日高山脈の1番高い場所から峰々を眺めていると 幾つもの山行と幾つもの笑顔が思い出されます
今回のメンバーももちろんですが 良い仲間に恵まれて登り続けていられることに本当に感謝です

いつまでもいつまでも眺めていたいけれど 今日中に下山という悲しい現実
下山はまずまずのペースで北戸蔦別岳到着

雲が出てきましたよ↓
北戸蔦から下山

急いでパッキングして雲の中の幌尻岳にご挨拶

又逢おうね

帰りのザックは

超軽っ

昨日の重さは水?アルコール? ニノ沢歩きは沢靴でルンルン 登山靴でも上手に歩けば渡渉OKですが 沢靴の方が登りも下りもストレスフリーでした
取水口からはチャリでビューンと登山口に到着
どうしようか迷った沢靴&チャリでしたが 下山に威力を発揮してくれました
そうそう クライミングでサポーター無しでは痛くて登れない右膝が全く大丈夫だったのは驚き

ご一緒してくれた部長&A子さん 本当に本当にありがとうございました


スポンサーサイト

王ヶ頭(2032m)&松本城

  • 2014/09/01(月)

<8月16日>
タイム・・・駐車場発12:00 山頂12:35~43 駐車場着13:05

前日 宿泊先が決まらないまま松本駅に到着したご一行ですが 徒歩圏内のビジネスホテルに空きがあり 大浴場&朝食バイキング&コインランドリーで

ラッキー

チェックイン後 街へ繰り出し

登頂祝い

海賊焼き+馬刺し+日本酒とグルメな夜を堪能
翌朝は大浴場で朝風呂と朝食バイキングの間にお洗濯が終わっているという(乾燥もOK)

快適生活

本日は百名山1座だけでは納得出来ず レンタカーを借りて美ヶ原までドライブ くねくね山道はだんだんガスが濃くなり

ホワイトアウト

美ヶ原自然保護センターに到着し出発準備をしていると

歩き出すと大粒の雨になり 遊歩道は


登山道②

黙々歩いてガスの中にぼんやり目えたのは

王ケ頭ホテル

雲上のリゾートです いきなり大きな建物でビックリ ガスガスの中 案内標識に導かれて

王ケ頭到着↓
王ヶ頭

ここは山?丘?草原?良く判らないけど

百名山22座目GET

往復1時間 後ろめたさを感じる百名山でした

下山後は信州蕎麦と

松本城↓
松本城②

松本城

晴れていたら左奥に北アルプスが見えるらしい
天守最上階は6階でした とっても急な階段でしたが 槍ケ岳に比べたらチョロイです

天守の窓から↓
天守展望

晴れていたらこんな感じ↓
案内写真

内堀の鯉↓
鯉

北アルプスの山並みは見る事が出来ませんでしたが 行って良かった信州の旅でした
早くリベンジしたいな



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。