スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬牛別山(746m)

  • 2012/03/13(火)

ルート・・・和加山から政和までぐるりっぷ
タイム・・・車止め発8:30 和加山(480.5m)9:30 坊主山(743m)10:40~55 犬牛別山(746m)11:30 車止め着15:15
メンバー・・・監督&プリンス

日曜はまたまたO&Oコンビとご一緒わーい(嬉しい顔) 先週「じゃ次は夏にね手(パー)」と別れたのですがあせあせ(飛び散る汗)
目的の山は幌加内坊主山に決定決定
お二人はすでに登頂済みなのに申し訳ない ついでに犬牛別山もとリクエストしたら 和加山&坊主山&犬牛別山と一山増えましたNEW
お天気が良さそうなので稜線歩きが楽しみだなぁと思いながら監督の記録を拝見したら なんと和加山から政和までぐるりっぷしていたひらめき
一山のピーク狙いよりも稜線繋ぎやぐるりっぷ好きな私は政和までの地形図をプリントアウトして出発車(RV)
現地でぐるりっぷの相談をしたら快く決定

やったるんるん


急遽監督車を政和まで回しいよいよスタートダッシュ(走り出すさま)
取り付いた和加山西斜面はカリカリ&急登で

シール終了爆弾


テーピングテープで応急処置をしてスキーアイゼン装着したけれど 和加山頂上に付く頃には

本日のパワー終了爆弾


ぐるりっぷを言い出しておいてこんなペースじゃまずいあせあせ(飛び散る汗)
監督に「これじゃ政和まで無理かもバッド(下向き矢印)」と弱音を吐いたら 「大丈夫さ。今日中には着くから。」なんだか気持が楽になって来たグッド(上向き矢印)
坊主山に向う稜線上に昨日と思われるスキー&スノーシューのトレースが出て来た目
プリンスの話しによると南側からのルートがガイドブック本に載ってるらしい

プリンスと三頭山↓


三頭山.jpg


坊主山の急登もスキーアイゼンのお陰でクリア手(チョキ)
ブンブン音が聞こえていたモービル軍団も次々と坊主山到着 モービル軍団も冬山ガイドブック本見てるのかな?
o&Oコンビのスキーはウロコ板なのでここでシールはお仕舞い 私はスキーアイゼンだけお仕舞い 

坊主山から犬牛別山↓


犬牛別山.jpg


モービルのトレースを避けながら犬牛別山到着手(チョキ)

犬牛別山から坊主山↓


坊主山.jpg


本日の最高峰は展望の山目

長~く伸びる天塩山地↓


天塩山地.jpg


プリンスはあの長~い稜線を踏破したんだなぁー(長音記号2) 凄いなぁー(長音記号2)
夏に登った小平蘂岳が見えて嬉しいるんるん
真っ白な天塩山地を横目で見ながら705m到着
私はここでやっとシールお仕舞い 此処からはO&Oコンビの微妙なルート取りで登り返しを最小限に北西に伸びる尾根を下るスキー
どんどん雪質が良くなって521mからの林間コースで撮影タイムカメラ

プリンス↓ 


監督↓


出だしでパワーダウンしてしまってどうなる事かと思ったけれどふらふら 大展望の稜線散歩と想定外のスキーも楽しめて

最高るんるん


道具も技量も体力もダメダメな私をフォローして下さってありがとうございました 次のお誘いはやっぱり夏かexclamation&question
モービルトレースに誘われてちょっと早めに出た林道を使って無事に政和橋を渡るとまたまた天塩山地が正面にどーんと見える目
真っ白な雪原を監督のハブリット車目指してGOGOダッシュ(走り出すさま)

すると シーンとした大雪原に響き渡る震災追悼サイレン演劇
忘れてはいけないけれど 思い出すのが辛いもうやだ〜(悲しい顔)
メディアの報道に涙してどんどん気持が落ち込んでいった一年前
今でも思い出すと胸が締めつけられるけれど 誰も奪われていない 何も失っていない自分がメソメソしていてはいけないパンチ
昨日と同じ今日を迎えられた事に感謝しなければ・・・
素晴らしい山行の後 再び色々な事を大切に生活していかなければと思った

特別な日晴れ


となりました
監督&プリンス ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

前週に引き続き楽しい山行ありがとうございました(^^♪
真っ白な天塩山地、魅力的でした。
又、宜しくお願いします!

  • 投稿者: lucky
  • 2012/03/14(水) 08:58:57
  • [編集]

No title

こんにちは。
先日はお疲れ様でした。珍道中の稜線歩き、楽しかったです。天気も良かったし。
動画、楽しいもんですね。
あの谷間の雪質、儲けものでした。
また行きましょう!

  • 投稿者: ogino
  • 2012/03/13(火) 11:00:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。