スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小平蘂岳(960.4m)

  • 2011/09/22(木)

ルート・・・五線川右股遡行 十三線川左股下降
メンバー・・・現場監督(O川さん)  プリンス(O野さん)
タイム・・・7:15入渓 8:56F1(560m付近) 9:00F2 9:10F3 10:47F4(650m付近) 11:05~15源頭(760m付近) 12:10~50山頂 16:15車止め着

あいにくのお天気雨だった三連休 O&Oコンビに声を掛けていただき最終日に日帰り藪山に行って来ましたわーい(嬉しい顔)

幌加内政和から小平蘂岳↓


小平蘂岳.jpg


プリンスが沢山写真を撮ってくれたので長文ですメモ

前日から現地入りを予定していたところお二人もいらっしゃる事になり 雨の中タープの下でささやかな焚火&BQイベント
最後までちゃんと記憶があったのに目覚めた瞬間「ここは何処exclamation&question」なんて焦っちゃうのは飲み過ぎなんだなビール
翌朝は雨も上がって稜線もくっきりはっきり見えます晴れ
今日は河原歩きが長そうなのでフェルトシューズを選択くつ スパイク地下足袋をザックに入れて出発ダッシュ(走り出すさま)
それほど増水していない沢は蛇行が多くショートカットしながら藪→沢→藪の繰り返し

ショートカット中↓


ショートカット.jpg


今の季節は藪が弱っていて大きな蕗もイタドリも触っただけでポキっと折れます決定 2時間程で滝が出て来ました目

サクサク登る監督↓


f1監督.jpg


ドキドキ登る私↓


f1私.jpg


今シーズンは沢登りしてないのでちょっとドキドキ揺れるハート ドキドキ治まらないうちにすぐまた滝目

登っちゃったプリンス↓


f2プリンス.jpg


濡れるの嫌なので監督と二人高巻きするとまた滝目

偵察中のプリンス↓


f3プリンス.jpg


1段目はなんとかなりそうだけど2段目はどうかな?と思案しているうちに監督が右岸のルンゼにTRYパンチ 急でガラガラだけどヒョイヒョイ登って行っちゃったがく〜(落胆した顔) ルンゼから草付きに移る所が微妙らしくプリンスに「押し上げろ」と指示 私は落石が怖くてルンゼの陰に隠れながら二人をチラ見 プリンスから「登っていいよ」のサインで合流すると上からロープが下りて来た

監督ありがとうグッド(上向き矢印)


いやはやこんなの続いたら時間切れになっちゃうわと思いながら先を急ぐと

また出た↓


f4.jpg


私は迷わず高巻きダッシュ(走り出すさま) 先を行くプリンスが草付きでズルズルしているのを見て フェルトシューズじゃ無理かと思いトラバースで滝に戻ったら

もう1段あった爆弾


樋状でホールドは沢山あるけど

シャワークライミングふらふら


結局濡れましたあせあせ(飛び散る汗)

ここを越えると間もなく源頭 藪の薄い所を選びながら北へ北へダッシュ(走り出すさま) 稜線に出ると

利尻山が見えた↓


利尻山.jpg


天売島&焼尻島もくっきり見えて

良い眺めだわるんるん


ちょっと南側に出てしまったので頂上まであとひと踏ん張りパンチ

踏ん張り中↓


稜線1.jpg


一番高そうな所で三角点探し目

監督が発見↓


三角点.jpg


頂上でのんびりレストランしながら道北をフィールドにしているプリンスに山座固定してもらって山なみを堪能わーい(嬉しい顔)

南に続く稜線↓


三頭山方面.jpg


冬も来てみたいなひらめき

下りはちょっと北側に下りてから十三線川へ こちらは強烈な太さの笹で(竹藪状態)下りなのに

なかなか進みません↓


下山開始.jpg


プリンス先頭で東側に下降開始ダッシュ(走り出すさま) 750m辺りまで沢形に入らないでー(長音記号1)とわがままを言ってひたすら藪漕ぎ爆弾
粘土質の沢形で笹のトンネルを潜り抜けたら石ゴロゴロ 幸いに大きな滝は無く370mの二股を確認してからは早い早いダッシュ(走り出すさま)
西日で影が長くなったと思ったら崩れた林道のすぐ奥に今朝回して置いた監督車がありました車(セダン)
今年最初で最後の沢歩きNEW しかも藪山がく〜(落胆した顔)
今までの貯金がどの位残っているか見当付かず不安があったけれどO&Oコンビのお陰で無事終了決定
来年は山中泊の沢旅に誘ってもらえるように準備しておかなくちゃパンチ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

numaさんお久しぶりです(^^♪
お二人で仲良く登られて羨ましいです。
お邪魔じゃなかったら又ご一緒したいな~。

  • 投稿者: lucky
  • 2011/09/29(木) 08:21:45
  • [編集]

No title

何ともすごい薮ですね。相変わらずパワフルなお三方で、、、敬服しますの一言です。僕らといえば、、、普通のハイカー。1時間も登れば、呼吸はゼイゼイ、どこが痛い、ここが痛い、そんな今日この頃であります。

  • 投稿者: numa
  • 2011/09/28(水) 19:57:17
  • [編集]

No title

お二人のお陰で楽しく登れました(^^♪ありがとうございます。
天塩山地面白いですね~。
藪山デビューも天塩山地だったなぁ。あれから年に一度は藪漕ぎしないと不安です(笑)
又ご一緒出来るように頑張ります!

  • 投稿者: lucky
  • 2011/09/22(木) 21:21:51
  • [編集]

No title

お疲れ様でした。
初沢に相応しい?魅惑のヤブ山でしたが、ずいぶん頑張ってましたよー。ブランクはありませんね。
ホント楽しかったです。
来年は是非泊まりで沢旅に行きましょう。
さらに鍛えておいてくださいね。

  • 投稿者: ogino
  • 2011/09/22(木) 17:37:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。