スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペテガリ岳(1736.2m)

  • 2012/10/10(水)

コース・・・西尾根ピストン
メンバー・・・L:O川さん SL:M谷さん メンバー:F本さん Kちゃん 私
タイム・・・<1日目>ニシュオマナイ川渡渉地点P発12:15 1680mコル13:25~35 ペテガリ山荘着15:05  <2日目>ペテガリ山荘発5:15 1050m6:40 1301m9:00 ペテガリ岳山頂10:30~11:15 1293m手前ポコ12:55~13:10 1050m手前コル14:05~14:20 ペテガリ山荘着15:25  <3日目>ペテガリ山荘発6:40 1680mコル8:35 ニシュオマナイ川渡渉地点P着9:55

三連休はお久しぶりの

グループ登山


20年来師匠として慕っているO川さんのお誘いで

日高満喫してきましたわーい(嬉しい顔)


尾根乗越と5Kの林道歩きくつで着いた

ペテガリ山荘↓


ペテガリ山荘.jpg


山荘には本日登頂を済ませた単独者と翌日アタックの二人パーティ そしてなんと車両乗り入れで来ている釣り愛好者の三人組がいらっしゃいました目
後から着いたのは

マックス君↓


マックス②.jpgマックス①.jpg


熊じゃなくてラブラドールですよ犬
テント大好きなマックス君はお父さんと一緒でした決定

今回食事当番を分担した新人女子大生のKちゃんキスマークは山スキー部での経験が2年あるので山慣れしてるしパワーあるし食事もチャッチャと作れて

新人賞ぴかぴか(新しい)


アタック当日はそんなKちゃんのチャチャット朝ご飯で日の出を待ちきれずやや薄暗い中出発ダッシュ(走り出すさま)
ちゃんと1時間毎に休憩するのだけど

ペースが早いexclamation&question


ハイドレーション背負って来て良かったわー(長音記号1)

下りで判ったのだけど1050mに登る前からペテガリ岳が見えてたんですね目

1000m付近から↓


ペテガリ①.jpg


1191mを過ぎるとぐーんと展望が良くなって

1839峰↓


1839峰.jpg


頂上も近い↓


ペテガリ②.jpg


3回目もピーカン↓


ペテガリ③.jpg


(前回のペテガリ岳はこちら
ペテガリ岳とは相性が良いんだな揺れるハート きっと
西尾根は登った事がなかったけれど皆さんのお陰でなかなか良いペースで登れました手(チョキ)(途中アミノバイタルでドーピングしましたがあせあせ(飛び散る汗)
ピークから山なみを眺めていると稜線繋ぎしたいなひらめきと思いが募る一方で下降気味の体力を考えるとせめてピークハントでもと思うのでしたイベント
で ピークでは300名山を目指している男性(ふうたろうさん)と遭遇
東尾根から下山するとの事でしたので テン場やタイムの情報提供をしましたが無事に東京へ戻られたかな?
下山を始めるとマックス君も登って来ました

お父さんと一緒↓


マックス③.jpg


名残惜しい日高の山なみ↓


山なみ①.jpg山なみ②.jpg


リーダーのO川さんはもちろんの事 健脚で優しいM谷さん 同い年の新人F本さん 新人賞のKちゃんと初めましてのお三方でしたが仲間に入れて頂いてありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
懐かしい昔話を沢山おしゃべりしたり 最近の会の様子を伺えたりと充実の三日間でした決定

ご一緒した山岳会のHPはこちら↓



さてさて山も満喫したので

クライミング頑張りますパンチ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

ふうたろうさん、コメントありがとう(^O^)
こちらもリンク貼らせていただきますね!
5年前の私達、テン場からピークまでは日帰り装備でしたが茨の道でぐったりでしたよ。
でもふたろうさんは若い男子だからなんとか行けるかな?と思ってました。
大変でしたね~。
現在の林道の様子ではあの茨の道は益々グレードアップしそうですね。
元気なうちに行っておいて良かったわ。
絵日記楽しく読ませていただいてますよ。

  • 投稿者: lucky
  • 2012/10/27(土) 08:09:59
  • [編集]

No title

 先日は情報ありがとうございました。
 …が、その情報のテン場まで、当日は行けませんでした。…というのはもうふうたろうの日記の方で確認済みでしたね(汗

 とにかく、あのテン場まで、東尾根のヤブは猛烈です。木の生長具合がとてもキツくて…
 ただ、西尾根側と違って東尾根はペテガリの山容が非常にすばらしいのです。北海道のアルプスたる日高山脈の象徴的な形ですね。

 それでも、単独で行くのはヘンタイ、みたいなネットの書き込みみたいなのがあって、やっぱりすごいところなんだろうなと、改めて思いました。

 わが絵日記に「がんばれ、私。」のリンクを貼っておきました。よろしくお願いします。

  • 投稿者: ふうたろう
  • 2012/10/18(木) 23:11:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。