スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒ヶ岳(2967m)

  • 2013/09/07(土)

夏休みに遊び過ぎたようで帰宅後 発熱&ウィルス感染とトホホな日々を過ごしてました
南アルプスと家庭菜園を少しづつUPしま~す

<8月14日>
メンバー・・・A子さん他2名
コース・・・北沢峠~仙水峠~頂上~双児山~北沢峠   
タイム・・・甲府駅発4:20 広河原6:15~40 北沢峠7:05~8:00 仙水峠8:55~9:10 駒津峰10:45 甲斐駒ヶ岳頂上12:20~13:00 摩利支天分岐13:15 摩利支天13:30~40 摩利支天分岐13:45 駒津峰14:40~50 双児山15:20~35 北沢峠キャンプ場16:45

南アルプス百名山巡りの4日間 初日は頑張って

3時起床

(実はこれから毎日3時起床なのでした
夜明け前の暗い中 甲府駅前のバス停にはすでに待ち人
4時を過ぎると続々と集まり4時20分に3台で出発
広河原での乗り換えはバス停並び係りとチケット購入係りに別れたけれど インフォメーションのチケット売り場が大混雑で乗り遅れるところでした
北沢峠ではキャンプ場の受付を済ませてからテント設営
抜群のチームワークでチャチャッと完成させて出発
唯一再訪者の私が登山口を???なボケ振りを発揮しましたが 皆さんしっかり者なので助かるわ~
気持ちよい森の中をルンルン

仙水峠から駒ケ岳↓
甲斐駒&摩利支天

甲斐駒ケ岳と魔利支天がガスに包まれます

仙水峠から仙丈ヶ岳↓
仙丈

明日登りますよ

テン場をズーム↓
キャンプ場

テントを設営してきた北沢峠キャンプ場が見えます

汗だくで駒津峰に到着し「富士山 富士山」と楽しみにしていたけれど

ガスで見えず

休憩もそこそこに駒ケ岳を目指します
苦労して登って来たのにどんどん下がってしまうのがもったいないわ~
六方石からは岩稜直登コース
エィッと腕力ムーブで乗っ越した先から岩稜歩きが始まり

トウヤクリンドウ↓
トウヤクリンドウ①

ツクモクサに逢った時くらいの感動でした(実はこれから毎日逢えました)
このお花をきっかけに名前が判らないお花達を

新種発見

と 大騒ぎで写真撮影に勤しむ私達
頂上直下のズリズリ斜面に難儀しながらも

祝登頂↓
頂上

ちょっと時間が押してましたが 下山家集団の私達

下りは早いわよ

って事で のんびり大休止
今回魔利支天に登りたい私はちょっとソワソワ

お約束の魔利支天↓
摩利支天分岐 摩利支天

もう大満足で下山
結局富士山には逢えなかったけれど テン場での安着祝は盛り上がりました

出逢えたお花達はこちらです

コバノコゴメグサ↓
コバノコゴメグサ 

シラネヒゴタイ↓
シラネヒゴタイ

ミヤマダイコンソウ↓
ミヤマダイコンソウ

タカネツメクサ↓
タカネツメクサ

イワツメクサ↓
イワツメクサ

タイツリオウギ↓
タイツリオウギ

ミヤマシャジン↓
ミヤマシャジン

タカネニガナ↓
タカネニガナ

タカネコウリンカ↓
タカネコウリンカ

駒津峰から双児山へのハイマツ帯で

ホシガラス↓
ハシブトガラス① ハシブトガラス②

松の実を上手に食べてました

ナイスなキャンプ場↓
北沢峠キャンプ場

ビールが冷やせる小川が最高でした

2007年11月の記録はこちらこちら

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。