スポンサーサイト

  • --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙丈ケ岳(3033m)

  • 2013/09/09(月)

<8月15日>
北沢峠キャンプ場発4:35 登山口発5:05 大滝ノ頭6:35 小仙丈ケ岳7:45 仙丈ケ岳頂上8:55~9:10 仙丈小屋9:30~45 馬ノ背ヒュッテ10:15 大滝ノ頭10:55 北沢峠キャンプ場11:55~12:40 北沢峠バス停発13:30 広河原山荘キャンプ場着14:10

本日は下山後広河原へバス移動するので

3時起床
ヘッドランプを点けて出発したけれど 登山口のトイレを出たら明るくなってました
涼しい森の中 急登に差し掛かった所でガサガサッと音がしたら
ニホンジカ
うわ~至近距離で怖かった~ 熊じゃなくて良かった~
ちなみにA子さんは目が合ったそうです
こんなに人が多い登山道で遭遇するのだから相当な頭数がいるはず
北海道のエゾシカ被害も深刻ですがこちらも同じく大変な様子
小仙丈ケ岳から見たカールに鹿柵がありました
カールをアップ↓
鹿柵①  

馬ノ背ヒュッテ付近にもありました
看板↓
鹿柵②

森の中は鹿が食べないマルハタケブキが沢山
マルバダケブキ↓
マルバダケブキ

そんな訳でちょっと足早になり予定タイムより早く
小仙丈ケ岳到着↓
小仙丈ケ岳P

目指す頂上はまだ遠い
仙丈ケ岳↓
仙丈①

砂礫の稜線歩きになると
トウヤクリンドウ↓
トウヤクリンドウ 

ピークには人が沢山
ピーク↓
仙丈② 

後ろを振り返ると昨日登った甲斐駒ケ岳は雲の中
明日登る北岳も頂上に着く頃には見えなくなってました
北岳方面↓
北岳方面

お天気が良ければ富士山(1番)と北岳(2番)の背比べが見えたのに

お花に逢うとついついペースダウンしてしまう私達ですが
仙丈ケ岳到着↓
仙丈ケ岳P 
ちょっと風があったのと混みこみだったので眼下に見える仙丈小屋まで下山
仙丈小屋↓
仙丈小屋① 
本日のランチ
ランチ

夕べのうちに作っておいた‘すし太郎ご飯’と‘塩キュウリ’
‘はるさめスープ’はゆず風味で美味しかった
下山ルートは馬ノ背ヒュッテから藪沢を渡って大滝ノ頭に合流
登りに逢えなかったお花に逢えるかも?って事でいそいそと出発したのだけど 後日仙丈小屋付近にライチョウ親子が居た事を知り 残念
頂上と小屋↓
仙丈小屋②

風力発電もしてるのかな?
馬ノ背ヒュッテ付近でお花を楽しみ順調に下山後はテント撤収
バス時間に余裕があるのでのんびりパッキング 2日振りの大ザックを背負ってバス停に着くと人・人・人
3台のバスで広河原に向いました
インフォメーションセンターから広河原山荘までの道のりはズッシリ重いザックで皆さん無言
早く安着を~って事で野呂川を渡る吊橋での記念撮影も却下
山荘では「そろそろ雨が降りそうなので中でどうぞ」と受付していると
ゴロゴロ

と大きな音が近づいて来て
スコール

うわっライチョウ親子と戯れていて次のバスになっていたらズブ濡れになるところだったわ
予定ではテント設営→安着祝い→シャワーでしたがゴロゴロ&ピカピカ&ドーンと大スコールは2時間以上も続き
シャワー→屋根付き炊事場で安着祝い&夕食作り→テント設営→ミーティング(実は宴会)となりました

ミーティング時に「明日稜線でカミナリ嫌だな」と呟くと全員一致でテント泊から小屋泊に変更
荷物も軽くなるよ えへへ
出逢えたお花は
ハクサンフウロ↓
ハクサンフウロ 

モミジカラマツ↓
モミジカラマツ
ミソガワソウ↓
ミソガワソウ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。